-------- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-01-03 (Tue) 06:30
沈まぬ太陽を天の中心に
照り返す鮮やかな星々は惑う
幾重も輪を描き 刻む公転は
地を目指す次の流星、その名を定める

音律よくスキャットは
ほうき星の尾を追って舵を取る
tu lu tu lu tu la la
tu lu tu lu Tu
気を吐いた singing, and shouting

方舟は行く 霧の夜を待って
幻想と嘯(うそぶ)いて日時計が刻む永遠を
方舟に乗って楽団は行く
二度と来ぬ朝まで声を重ね


沈まぬ太陽を五線に透かして
七曜が綴じ溜める 出鱈目な肖像

drivin' bass boom boom
cruisin' pelcuss 刹那を重ね合い
du vi du vi du da da
du vi di vi du
雑音をも許す celebration

方舟は行く 雨上がりを待って
虚構の根に乗って日時計を支える大地を
方舟に乗って楽団は行く
終わりの無いセットリスト 奏で継いで

沈まぬ太陽は等しく照らし出す
気の触れた神々も、壊れた人々も


where do we go following you
where do we go following the sun
feeling vibes of shining stars
where do we go, do we go ...

方舟は行く 太陽に抱かれて
夢幻に色づいて日時計に映る海原を
方舟に乗って楽団は行く
二度と来ぬ朝まで声を重ね 歌は響く

沈まぬ太陽を天の中心に
星は奏で継ぐ、紅い夜の歌



[sun never sets]
沈まぬ太陽
アルバム:Tsukuyomi and Amateras
ボーカル:A~YA
サークル:OTAKU- ELITE Recordungs
原曲:
東方紅魔郷 ~ the Embodiment of Scarlet Devil.
亡き王女のセプテット
| OTAKU-ELITE Recordings | COM(0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。