-------- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-01-03 (Tue) 05:27
夕立に煙る花想いは胸にせき上げて

千の夢路をただ一人
薄紅の己を奉げよう
廻る季節に迷える夜も見失わず

以津花君と逢う時迄
咲き続けるよ きっと
赤く紅く彩る様に紅ノ色は繊(そひ)か

冴え透る風のなか遠くに誰か詠う声

夕化粧に涙の跡君は
優しく抱いてくれた
声を上げて泣く僕の為に忘れないよと

咲き乱れた夢の欠片
届くことはないけど
はりさけた心の色は赤く染めあげた紅玉

儚げに零れ落ちた夢が愛しくて
閉じてゆく螺旋の路追いかけてゆく

幾千の夏に生きても
いつまでも忘れない
再び逢えたその時はきっと君に伝えよう

以津花君と逢う時迄
咲き続けるよ きっと
赤く紅く彩る様に紅ノ色は繊(そひ)か



紅色の繊か
アルバム:紅色の繊か
ボーカル:薬師るり
サークル:QLOCKS
原曲:
東方紅魔郷 ~ the Embodiment of Scarlet Devil.
上海紅茶館 ~ Chinese Tea
| 他N~Z | COM(0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。