2015-08-18 (Tue) 18:47
声も出さずに。誰かを狙っている。けしてあれらに気を許してはならない。

それはこんな夜のように…
笑顔を交わした刹那、突然襲い来る。

―静寂の内に。


力のないものゆえ 群れ集まりながらも
それを指揮するものなどけして持たない

歯止めの利かぬがゆえ 発露する暴力は
無名の集まりを以てして理なく


何者にもなれないままに 群れているだけのものこそ
弱いようでその真実 侮ってはならない

その無邪気な笑顔の奥に 何を潜ませているのか
けして知れたものではない *1  耳を澄ませたなら… *2


*1
その裏側で、狙っているのか。
「あれがひ弱な人間だ、あれが我らの獲物だ」と。

*2
聞こえるだろう、囁くだろう。
「今宵はあれを拐かそう、二度と日の目を見せはしない」と。


群がり来るのは まるで誰かを
その仲間として引き入れようとするかのように

名前を持たない 有るかさえ知れない
笑顔を貼り付けた無名の集団を形成して


残酷な自然の権化は その幼い姿かたちは
間引かれた幼き子の 生き写しかとさえ

没個性的な笑顔の裏に 凶悪な牙を持ち
多勢に無勢 群がり来れば 抗いようも無く


恨むこと この身を嘆いては 涙ながら憎むこと
この感情 薄れはしても 消させはしないだろう

――仲間じゃない。その手を離せ!と。叫ぶ私に。その笑み、終ぞ崩さず。ただ見下すように…


純粋なままに。偏執的なまでに。ただ残酷に。私を見つめて。嗚呼。


ジ・アノニマス
アルバム:求
ボーカル:めらみぽっぷ
サークル:凋叶棕
原曲:
東方紅魔郷 ~ the Embodiment of Scarlet Devil.
ほおずきみたいに紅い魂
| 凋叶棕 | COM(0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する