2014-09-25 (Thu) 17:53
抱き寄せてみては砂のように朽ちてゆく
どれだけ仰いでも空は私を見ない

戸惑いは未だしがみついているのに
移り往く眺めは私を置いたままで

ねえ ずっと前から忘れているんでしょう?
眠り続けてる ここに

さあ ダンスを始めましょう
貴方の足は縺れても
永遠に離さないわ
貴方が罪を思い出すまで

不思議な力は学問に暴かれた
人は神を殺し頂を踏み荒らす

あなたも同じね 愛したふりをしてた
本当は私の躯体を用いる為に

ほら 真っ直ぐに見つめてごらん
このおぞましい姿 そうよ

貴方が弄んだのは
触れてはならない禁忌の
永遠に解けない魔法
愚かに己惚れていた報い

戸惑いは未だしがみついているのに
移り往く眺めは私を置いたままで

ねえ どうして忘れ続けているの
愛しているのに 今も

貴方はまだ気付かないの
自分が無意識のうちに
私の赦しを求め
ひとりで踊り狂う



恋人端末遺伝子
アルバム:基底現実と仮想空間
ボーカル:3L、普透明度
サークル:Pizuya's Cell
原曲:
蓮台野夜行 ~ Ghostly Field Club
少女秘封倶楽部
| ぴずやの独房 | COM(0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する