2014-04-01 (Tue) 03:12
湛えられた水が濁るのを
何もできないままで観ていた

放たれる光に飲まれ

空へ舞い上がる幾千の夢
傷痕を溶かす霰のように爆ぜる
連れていって
小さな躯ごと
赤い影が消える前に

美しい景色を縫い出す度
針はこの世に穴をあけるわ

繕うほど裂けてゆくのに

愛してるなんて
風に飛ぶほど
軽やかで薄い言葉が嬉しくて
何もかもが逆様の世界で
あなただけを
信じていた

砂に積み上げた幾千の夢
傷痕を撫でる雨のように流れて
連れていって
小さな躯ごと
蒼い空に墜ちるように



Amour Structure
アルバム:Grand-Guignol
ボーカル:めらみぽっぷ
サークル:Pizuya's Cell
原曲:
東方輝針城 ~ Double Dealing Character.
空中に沈む輝針城
| ぴずやの独房 | COM(0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する