2014-01-02 (Thu) 14:01
寂しげに弾く弦 嵐が見惚れる曼珠沙華の赤
泣きじゃくる音色は まるで濡れ羽色の鴉

額を濡らした 大粒の雨は
通り過ぎるには 少し強くて

祇園の鐘からは 何も見えず 何も聞こえず
五月雨に映える沙羅の花
未だ黄昏時 映る空は幻影の中
嗚呼 無情なこの世界

季節外れの音色と 仄かに残る優しい桃の香り
流した視線なんて 調子はずれのガラクタね

大げさに鳴らす 衣擦れの音は
強かな猫に 少し似ている

降り立つ白羽には 何も弾けず 誰も気付かず
散らしたのは仮初の夜 遠く導かれる
歌の音は力強くて 幽かに心を伝う

爪弾く姿に焦れて
私はあえかなる花に為る
殉じた想いよ 風に乗って
安らかに眠りにつけるように 祈る

祇園の鐘からは 何が聞こえ 何が届かぬ
言の葉は誰の耳に留まる
指先を伝わる糸は誰に繋がっている?
鳴らない楽器は生きているの?
ほら ただ流されるままに 嗚呼
今更に 気付かされた



鎮華
アルバム:カラスとウサギ
ボーカル:liy-an
サークル:Liz Triangle
原曲:
東方輝針城 ~ Double Dealing Character.
幻想浄瑠璃
| Liz Triangle | COM(0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する