2013-09-11 (Wed) 04:32
「僕をその手で殺してくれ」と
私の髪に触れながら言った
怯えた瞳は鏡合わせ
遺し逝く者 遺される者

私が散らす 枯れかけた花
愛おしげな笑顔と 赤い花弁と

指を噛んで 溢れ出した血
鉄錆びた 罪深い味
約束は 違えられると
覚悟していた
「ごめんね」と 呟いた声
青空に 溶けて滲んだ
涙さえ 捧げられない
涙さえ、もう


駿馬のように季節が過ぎて
色濃い影が地に落ちるころ
まんまるい星の破片の下で
たおやかに芽吹いた双つの葉

すぐに私の 背丈を越えて
太陽の色をした 花が開いた


指を噛んで 溢れ出した血
花びらを 線で汚した
愛しくて 憎たらしくて
大嫌い、好き


花は萎れて 頭を垂れて
涙のような種を そっとこぼした


「僕をその手で殺してくれ」と
私の髪に触れながら言った
駿馬のように季節は過ぎて
あなたより長い時が経った

風が吹く 髪を乱して
指先を あなたに重ね
機嫌よく 傘を回して
また夏が来た
流せない 私の涙
手のひらに 溢れた種と
さんざめく この一面の
向日葵畑



百年幻想夢一花
アルバム:プチカミロマンティカ
ボーカル:mineko
サークル:MN-logic24
原曲:
東方花映塚 ~ Phantasmagoria of Flower View.
今昔幻想郷 ~ Flower Land
| MN-logic24 | COM(0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する