2013-01-17 (Thu) 20:27
[おいで、おいでと、呼ぶ声が、聞こえる。 とても、遠くの、何処かから、聞こえる。
その声は、むねのうちへと、響いて。 底知れぬ、何かへと、わたしを誘う]


そは きえゆくものか
ほろびに
そのみを ゆだね

なを
しるものも

とだへ

しんさへも
うしなはれ

いまはとて かむさぶるみも

哀れや

哀れや


そは
うつろうものか

さだめに
まかせるままに

いにしへに ふりゆく
あやかしの みなれども

おそるるものも
なければ

憐れや

憐れや


あまねく           
やみ       

もろともの つみ       
けがれさへも 

みな いざなはん         

ふかき      
ゆめの   

そのかなたへと     
うつつにみるは まぼろし

たどり 
いざなふまま

いくどの よるをすぎゆく   

わがもとに     
つどひて 

つひの ありかとせよ    


[呼んでいる。耳を澄まし、聞けば、そこにほら。呼んでいる。遠き幻想郷の物語が]


辿り、誘いの果て

この楽園へと至れ

その望みのまま

全てを受け容れよう


猛き幻想さえ、
行く先を失くしたとしても

失われゆく、それらを。


此処で呼び続けよう。


いつか生まれて、
そしていつか朽ちゆく運命の先へ

此処に全てを。


“私”は永久に呼び続けよう。


―終わりなき幻想が在るために。

―潰えぬ幻想をかき抱くために。



Calling
アルバム:誘
ボーカル:めらみぽっぷ
サークル:凋叶棕
原曲:
蓬莱人形 ~ Dolls in Pseudo
蓬莱伝説
| 凋叶棕 | COM(0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する