-------- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2013-01-17 (Thu) 18:57
どうして、僕はこんなところを歩いているのだろう
答えは、もはや敢えて問い直すまでもない。

―僕は死に場所を探しているのだ。

ここなら、誰も僕を見つけることなどないだろう
誰もが、恐れ忌避するという森の奥深く。

―なのに、どうして、人がこんなところに?


 あら、そこの“迷い人”さん。
 どうしてこんな所にいらっしゃったのですか?
 帰り道を教えて差し上げますから、どうぞついてきて下さい


そうして足を踏み入れたのは小さな屋敷
いたいけな少女をあの場所に置き去りには出来ない。

        ―傍で死ぬわけにもいかないだろう。


 “暖かい飲み物をお持ちします”と彼女は告げ屋敷の奥へと


ふと聞こえた物音に
 興味をそそられた僕は
こっそりと傍のドアを開いた


そうして、僕の目に、飛び込んだのは


 ―毒を湛えた大釜。

    ―蛇のような生き物。
―ひとりでに動く魔法陣に、

  ―呪わしげな書物


まるでこれでは、魔女の館じゃないか!



 気づくのが遅かったな?お前は踏み込んだのだ。邪悪な魔女の住処へと、
 愚かにものこのこと


気づけば背後には少女暗い光を纏い
こちらに向けるその笑みは恐るべき魔女のもの…


その目は獲物を値踏みしているかの様
僕は逃げようとしたものの、

    …体が動かない!


 あー?足掻くだけ無駄だぞ。
 森に足を踏み入れる者の末路など、
 最初から決まりきっているのだから。

 惨めな野晒し髑髏、或いは骨すら残されず―
 …何れにせよ、お前ごときでは、逃げられはしないのさ!


 ―それでは。
 晩餐を始めるとしようか

 ―そぅら。
 食台にその身を献上しろ

 宴は盛大に行われるがいい
 久方ぶりに食いでがある食材だ

 ―爪を剥いでやろうか?
 ―血を抜きさってやろうか?
 ―舌をもいでやろうか?
 ―目をくりぬいてやろうか?


 自分の愚かさを呪えよ!


いざ踊れ、踊り狂え
魔女は野蛮に嗤い猛る


この胸中には愚かな自分をただ責める声

いざ歌え、歌い狂え
魔女は野蛮に嗤い猛る


“まだ死にたくない”などと情けない声が漏れ出でる

光の渦が
何かの魔法を解き放つ

その手にかかって僕は最期のときを迎えるのか

僕は目を閉じて
眼前の光景から眼を逸らす

“せめて、最期はどうか苦しまずに”と願いながら…


 ―と、こういうことがあるかも知れないので…

 もう、森には近寄るな。

 でないと、次はほんとに喰われちまうぜ?


マッドパーティー
アルバム:綴
ボーカル:めらみぽっぷ
サークル:凋叶棕
原曲:
秋霜玉
魔女達の舞踏会~Magus
| 凋叶棕 | COM(0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。