-------- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-08-13 (Mon) 22:58
―ぼくを見つめて、何もいわない、この人は。
困っているようで、哀しいようで、怒っているようで、泣いているような、―とても難しい顔をしていたけど。

ぼくは、言ってやったんだ。だいじょうぶだった。みんな、そう言っていたから。

信じることは素敵なんだ―


―ぼくは、知らなかった。

たった一つ、「大事なもの」が、
もし、在るならば、いったい何を選べばいいんだろう?
答えを求めて、家にも帰らず、探し歩いた。

―そうしていつかぼくは、あの人に出会ったんだ。

輝くような笑顔とともに告げられた「答え」
絶対の自信を帯びた、その、金の瞳。


「それは、ただ、簡単なのさ。
“人を信じて生きてゆけ”
それ以外に大事なものなど、あるはずないぜ」と、力強く。

夢がある、現と共に。
互いに手を取りながら。

ぼくはその目で、聞いていたんだ。
その口が、奏でる言葉、真実の詩を。


ぼくらが、歩いていくこの道が、
歪んでなど、いないように。

真実はきっと、そう。
ただ、まっすぐに、続いているのか。


―ぼくは、わからなかった。

たった一つ「大事なもの」は、
人によって、それぞれ違っているんじゃないかと。
答えを求めて、更なる道を、探し歩いた。

―そうしてぼくは、あの人たちに出会ったんだ。

ぼくが受け取った答えは、遍く通じていた。
結局全てはあの人と同じ「信じること」

「人を信じ、生きてゆけ」と。
「人の言葉を信じよ」と。
「大事なものがそばにおわすから、力の限り信じなさい」と。
「ただ、己の正義を信じよ」と。

さぁ、もう疑うことはない。
真実の詩を唄おう。


最後に出逢ったあなたは、何も言わずにいたけれど、
その深い瞳はぼくをまっすぐ射抜いていた。

…もしかして、泣いているの?
何が悲しくて、泣いているの?
ぼくのことを探していたと、その様子からわかったけど、

ぼくはもう、迷わないよ。
胸に宿したこの光。
真実の詩、遠く響けよ。

そうして幾千里を照らす標となれ。
ぼくらが、歩いていく、この道を、まっすぐに。



真実の詩
アルバム:騙
ボーカル:めらみぽっぷ
サークル:凋叶棕
原曲:
夢違科学世紀 ~ Changeability of Strange Dream
童祭 ~ Innocent Treasures
| 凋叶棕 | COM(0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。