-------- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-06-03 (Sun) 22:47
吐く息が白いのを確かめながら
冬が来たと空を見上げてそっとつぶやいた

冷えた手をポケットの中であたためながら
君のことを 君のぬくもりをそっと思い出す

11月が僕の頬を撫でる
冷たさの途中で僕は目をあける
君がいなくても生きていけるみたいなんだ
君がいないのに季節は巡っていく

あいたくて、でもあえなくて
いつか僕が君についた些細な嘘をなぜか思い出す
壊せるならいますぐにでも
淡く、甘く、とけこんでいくふたりの未来を夢見ないように。


君が纏う空気や匂いを
柔らかさや湿度温度まで
この記憶ごと、抱きしめられたら…

11月が僕の頬を撫でる
冷たさの途中で僕は手を伸ばす
君が居ないこと忘れてしまいそうになるんだ
君は居ないのに心はまた、揺れる

あいたくて、でもあえなくて
いつか君が僕にくれた優しい嘘に今辿り着く


この場所に留まる理由を無くし続けるそのままに
焦がれ助けを呼ぶように
君に、君に、どうしようもなく


あいたくて、でもあえなくて
いつか僕が君についた些細な嘘をなぜか思い出す
壊せるならいますぐにでも
淡く、甘く、とけこんでいくふたりの未来を夢見ないように。



11月
アルバム:セブンスワールド
ボーカル:ichigo
サークル:岸田教団&The明星ロケッツ
原曲:
オリジナル
| 岸田教団&The明星ロケッツ | COM(0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。