-------- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-06-03 (Sun) 22:22
こめかみから疼きだす痛みの向こうだけ色づく
あなたとの距離を測りかねては見えなくなっていく眼をこらす

一縷望みも踏みつけるみたいに強くして

欠けていった月のように置いていって
さよならに染まった夜空に何を祈ろう?
貫けないよ、これ以上欲しがれないあなたの瞳に映る群青


あとどれくらい不自由を抱きしめたらその指がほどけるの?
明日になれば知らないふたりになれるのならそれがいいけど

触れたいと触れないの隙間で疲れていくのね

立ち止まってしまうくらいなら置いていって
さよならに染まった言葉に何を見つけよう?
揺さぶらないで、これ以上拒めそうにないあなたの瞳に宿る群青


この脚を斬ってから行って立てないように
追いつけない速さでもっと遠くまで

欠けていった月のように置いていって
さよならに染まった夜空に何を祈ろう?
貫けないよこれ以上、欲しがれないあなたの瞳に映る群青

言わないの好きだなんて。



群青
アルバム:セブンスワールド
ボーカル:ichigo
サークル:岸田教団&The明星ロケッツ
原曲:
オリジナル
| 岸田教団&The明星ロケッツ | COM(0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。