-------- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-05-17 (Thu) 20:55
どうか、もう私を
独りにしてください。
もう何も私には
わからないのですから。

どうか、もう私を
放っておいてください。
もう何も私には
聞こえないのですから。


心の瞳が閉ざされてしまったとき、
あの子がとても遠くに
見えてしまいました。

こんな声に縋るしかない、
自分が本当に悔しくてなりませんでした。

それでも、わずかな意思でも
感じられることだけが、
わずかな救いだったのに。

ああ、
それさえももう、
聞こえない。


絶望に満ちた
鳴り止まぬ絶叫
その主は他ならぬ私だったと
気付くことさえ

ただ耳を塞ぎ
ただ眼を覆い
立ち尽くす私には
到底出来ぬことでした


帯びる悲劇の色濃く
その姿はただ力なく
呼びかける声響く

遥か、遠く。

いうなればひとつの
愛の結論たる破局
避け難き終幕を迎えただけ


あの子なりの
アイなのでしょう
あの子の全てを賭した
アイの形だったのでしょう


止め処なく流れる涙
いつか枯れ果て遣ったのは
脳裏に響く叫び声
忌まわしき瞳が映し出す愛の想起


もう誰の声も
聞きたくないと
全てから眼を背けた
私がそうして手に入れたものは

絶望さえ
忘れるほどの
―いっそ、幸せを感じるほどの
静寂でした。


笑っていて と。
幸せでいて、と。
あの子がそう望んだのだから、
私は応えたいのです。

そう、皆様。
私は幸せです。
独りきりでも、
私は永久に笑顔で居続けます。



盲目の笑顔
アルバム:遙
ボーカル:めらみぽっぷ
サークル:凋叶棕
原曲:
東方地霊殿 ~ Subterranean Animism.
少女さとり ~ 3rd eye

| 凋叶棕 | COM(0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。