2012-02-27 (Mon) 22:02
天気雨 水の玉滑る
靴音も流れ 傘もささないままで
泣いているの?
(手を伸ばしたら)
ねえ、誰を想っているの
(壊さぬように)

君の影 追いかけ走るよ
消えてしまう 胸が騒ぎ出すの どうして

僕が起こす奇跡なんて小さなもので
風の歌も神の声も知らないけれど
君の肩を君の頬を濡らす雫に
君が笑う 光りになる 傘をあげよう

雨上がり 雲が散らばって
重く湿る匂い 熱を帯び絡む風
連れて行く?
(誰も知らない)
ああ 何を抱えているの
(僕に聞かせて)

君がもし 泣きたくなったら
そばにいる 消えないように手を握るから

梅雨が終わり夏が来たら 海へ行こうか
頷いた君の笑顔 記憶に焼付け
いつもの場所 いつもの空 いつもの道で
「また明日」 交わす約束 指を離した

君の姿 君の声も 風に抱かれて
僕は一人 いつもの道 夕立ちが来る
落ちる雨が肩を冷やし 裾を汚して
傘をさし家路を急ぐ 夏が始まる

僕が起こす奇跡なんて小さなもので
風の歌も神の声も知らないけれど
もしも願い叶うならば夢の続きを
手の平に残る体温 思い出させて


恋々翠雨
アルバム:ファンタスティックパンダワールド
ボーカル:mineko
サークル:MN-logic24
原曲:
東方風神録 ~ Mountain of Faith.
少女が見た日本の原風景
| MN-logic24 | COM(0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する