2012-02-27 (Mon) 21:57
大地を包む雪を光が溶かす
流れる時を映し出す様に

いつまでここにいられるのだろう?
虚しい問いかけが響く

<無情な>
誰にも操れぬ繰り返し
<月日の>
変わらぬ流れが全て変えてゆくのだから
<ゆくから>

時から望まれぬ風景は
<景色はいつの日にか>
その名前を失う様に
<消えて>

寒空の下誰も温もり求め
囲む火に手を差し伸べてゆく

いつか望んだ水のせせらぎは消え
減色された世界を歩く

これから包み込むぬくもりを
<季節をただ受け入れ>
決して否定することはない
<だから>

季節は巡りそして姿を変える
異なる服を身に纏う様に

似合わぬ雪を今は引き連れ去ろう
再び冬が訪れるまで



レティ・ホワイトロックの時間論
アルバム:ataraxia -願うは儚き幻想の-
ボーカル:fi-fy、723
サークル:君の美術館
原曲:
東方妖々夢 ~ Perfect Cherry Blossom.
クリスタライズシルバー
| 君の美術館 | COM(0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する