-------- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-02-06 (Mon) 15:19
私が消した灯の数だけを抱いて
前から紡いできた悲しいだけのキオク
引替えにした白い心も誰にも見せないまま
この青空の下に在ること 誰が許すだろう

光は無く
両手に繋がる罪という名の鎖と
このまま時を重ねることを考え瞳閉じて
白夜でも輝ける星達懐かしく思う

今でも鮮やかに覚えている彩の
すべての人笑い触れ合う暖かな場所
そんな世界へと

言葉に出来ない容は空を
ただ叫び涙し嘘をついた 今日も

傷つきすぎ痛み忘れ 涙枯らして
笑顔だけの仮面つけて重ねた日々を
作り出したのは弱さという強さと同じもので
それを知りながら幻想に ただ縋りついてた

戻りたくはない何も出来ない人間には
そう望むのはいけないことなのか教えて
それでも傍に居たいと願う
願いは届いて 「叶ってほしくて」
この心の奥 貴女が笑う気がした



楽園-eden-
アルバム:楽園-eden-
ボーカル:薔薇宮七瀬
サークル:efs
原曲:
東方星蓮船 ~ Undefined Fantastic Object.
感情の摩天楼 ~ Cosmic Mind
| efs | COM(0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。