2012-01-11 (Wed) 13:07
あの空の彼方へ 飛んで行ける日を夢見て

あの宇宙の彼方の月を

あの空の彼方は 今もまだあの日と同じ

あの宇宙の彼方の月に焦がれる


月の見えない夜に独り空を見上げて
悲しく歌う故郷は闇夜が包んでいる

月の明るい夜は連れ立ち空を見上げ
帰ることなき故郷の幸せを祈るだけ

菜の花を一つだけ手折り
夕暮れの空に翳して
日は沈み月が顔を覗かせ夜が来る


あの空の彼方へ 飛んで行ける日を夢見て

あの宇宙の彼方の月へ

いつかは

帰る日を想って 涙に暮れる夜明けには

沈んでゆく月にただ手を伸ばす


届かない故郷 今宵は空に輝いて

ただ見上げる私 ずっと想っている

あの空の彼方へ 飛んで行ける日はいつだろう?

この願い叶うのなら輝く月へ



千年幻想郷 ~ History of the Moon
アルバム:dialogue ~Starry Nightmare~
ボーカル:Cathy、fi-fy
サークル:君の美術館
原曲:
東方永夜抄 ~ Imperishable Night.
千年幻想郷 ~ History of the Moon
| 君の美術館 | COM(0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する