2012-01-11 (Wed) 12:15
公園のベンチに 腰掛けて一人
遠い空 見上げて

通り雨のメロディ まだ濡れてたいのに
突然 その歌を止めて

乾いた 身体を 欲するように
雲の切れ間 射す光 虹を作った

今日も陽が 西へ沈んで行く
変わる事ない その永遠を繰り返す
宵の青に 月が浮かんでる
その表情を 明日は 変えるように 祈ってる


永遠のファンタジー 書かれていた本に
罪の深さを 探して

月が照らすハーモニー 口ずさんでたいのに
夜明けが 私を滲ませた

放った 言葉を 並べてみれば
傷つく事 恐れない 愚かさに気づいて

今日も月が また 問いかけてくる
癒える事ない その永遠を 照らしてる
明日もまた 繰り返すんだろう
暗闇に目が 慣れるその前に 朝は来る


永遠のメロディ ずっと鳴らしてる
拭い去る様に その旋律を 刻んでる
明日もまた 繰り返すんだろう
その表情が 今日は 変わるように 願ってる

今日も陽が 西へ沈んで行く
変わる事ない その永遠を繰り返す
宵の青に 月が浮かんでる
その表情を 明日は 変えるように 祈ってる



永遠のメロディ
アルバム:東方蓬千歌/東方月響歌 ~Ballad of Moon~
ボーカル:藤宮 ゆき
サークル:いえろ~ぜぶら
原曲:
東方永夜抄 ~ Imperishable Night.
月まで届け、不死の煙
| いえろ~ぜぶら | COM(0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する