-------- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-01-11 (Wed) 11:52
黒猫が歩く夜に愛の歌を並べて
幻覚に溺れそうな足跡を辿っている

擦れたガラスの破片を集めるような素振りで
千切れそうな群青の景色をずっと見ている
凍えそうな左の手をかざして

ずっと遠くから差し込む光の束に
何も見えないような影があって

せせらぎの音に反射した記憶
吸い込まれて全部音楽に変わる

ねえ、この世界が汚れたとして大切なもの全部なくしても
あの日のこと思い出すことだけはずっと忘れないで、と
ねえ、あの光の向こう側まで着いたらあの人に伝えてほしい
願うように何もない空間にただ右手伸ばした

少しづつほどけていく言葉を蜜に変えて
すっかり気の抜けきったソーダ水に混ぜ込んだ

擦れたガラスの破片を集めるような素振りで
千切れそうな群青の景色をずっと見ている

ねえ、この世界が汚れたとして大切なもの全部なくしても
あの日のこと思い出すことだけはずっと忘れないで、と
ねえ、あの光の向こう側まで着いたらあの人に伝えてほしい
願うように何もない空間にただ右手伸ばした

ねえ、少しづつ白んでゆく宇宙のかたちに恋は似ているから
願うように何もない空間にただ右手伸ばした

ずっと遠くから差し込む光の束に
どこかで見たような影があって



千切れる群青
アルバム:サクラツナギ
ボーカル:あにー
サークル:TaNaBaTa
原曲:
東方妖々夢 ~ Perfect Cherry Blossom.
遠野幻想物語
| TaNaBaTa | COM(0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。