-------- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2015-06-18 (Thu) 17:54
何度被弾れ 満身創痍ても 心に幻想ある限り

その幻想を残機にして

僕らは、また、飛んでいける―。


破れぬ壁に隔てられた
かくも厳しき現実は
幻想を相手取っても
上手くいかぬことばかり

初見ならばまだしも
幾度も先を見れぬとき
次こそはと云う精神は
明日へと向かう祈祷なるか?


使うべきものを抱えながら
無駄に散らした残機達の
その数だけ進むのだと
己が心に、刻み込め!


  何度被弾れ 満身創痍も 心に幻想ある限り

  その幻想を残機にして

 また飛べると信じていく。


―僕らは、いつだって、そうして、越えてきたんだ。

そうして“いつか”が叶う時。
全てを愛しく思うとき。

或いは、心の奥底では、“Extra Stage”を見ている―?


そして、
終わりなき挑戦は
遂に自分をも相手取る
一人だけでも陣を張れ
自分と自分との一騎打ち


最後の最後で堕ちたとき
震えるその手を何処へ遣る
打ち下ろすは拳でなく
己が心を、打ち据えろ!


  何度被弾れ 満身創痍も 心に幻想ある限り

  その幻想を残機にして

  また飛べると信じていく。


―明日は、いつだって、今日より、高くへ飛べる!

そうして自分を越えた時。
全てを尊く思うとき。

果して、心の奥底では、“High Score”をみている―?


霧を越え、春を追い、終わらぬ夜を駆け抜けた。
御伽の国で鬼退治。魂の花の行方や如何に?

記事を求め東奔西走。妖怪の山で神遊び。
天を仰ぐ極光に、地獄の底までも進め!

宝船に乗りもした。謎の虚像は夢のまま。
二人の技を比べては。いざ戦争はだ・ん・ま・く・だ!

欲なす霊に導かれ。心の姿を見つめたら。
掲げられた「下克上」を。砕いては。永遠の三日天下を為せよ!


  その心の内側に 幻想を掲げて 居さえすれば

  きっと僕らどこまでも

  この幻想の果てまでも。


―僕らは、そうやって、どこまで、行けるだろうか?

僕らはきっと幻視るはず。
幻想の続きを願うはず。
           “Extra Stage”
或いは心の奥底では、 “Next Dream” を見ている―?
           “High Score”



「テーマ・オブ・カーテンファイアーシューターズ」 -History 3/3
アルバム:奉
ボーカル:めらみぽっぷ
サークル:凋叶棕
原曲:
幺樂団の歴史vol.5
テーマ・オブ・イースタンストーリー
スポンサーサイト
| 凋叶棕 | COM(0) |
2015-06-18 (Thu) 17:43
何度被弾れ 満身創痍ても 心に幻想ある限り

その幻想を残機にして

僕らは、また、飛んでいける―。


破れぬ壁に隔てられた
かくも厳しき現実は
幻想を相手取っても
上手くいかぬことばかり

初見ならばまだしも
幾度も先を見れぬとき
次こそはと云う精神は
明日へと向かう祈祷なるか?


使うべきものを抱えながら
無駄に散らした残機達の
その数だけ進むのだと
己が心に、刻み込め!


  何度被弾れ 満身創痍も 心に幻想ある限り

  その幻想を残機にして

 また飛べると信じていく。


―僕らは、いつだって、そうして、越えてきたんだ。

そうして“いつか”が叶う時。
全てを愛しく思うとき。

或いは、心の奥底では、“Extra Stage”を見ている―?


そして、
終わりなき挑戦は
遂に自分をも相手取る
一人だけでも陣を張れ
自分と自分との一騎打ち


最後の最後で堕ちたとき
震えるその手を何処へ遣る
打ち下ろすは拳でなく
己が心を、打ち据えろ!


  何度被弾れ 満身創痍も 心に幻想ある限り

  その幻想を残機にして

  また飛べると信じていく。


―明日は、いつだって、今日より、高くへ飛べる!

そうして自分を越えた時。
全てを尊く思うとき。

果して、心の奥底では、“High Score”をみている―?


霧を越え、春を追い、終わらぬ夜を駆け抜けた。
花の行方に惑い、風の神とも相見え。
地の底から、宝船、欲なす霊をかき分けて。
掲げられた「下克上」を砕けよ!


  その心の内側に 幻想を掲げて 居さえすれば

  きっと僕らどこまでも

  この幻想の果てまでも。


―僕らは、そうやって、どこまで、行けるだろうか?

僕らはきっと幻視るはず。
幻想の続きを願うはず。
           “Extra Stage”
或いは心の奥底では、 “Next Dream” を見ている―?
           “High Score”



「テーマ・オブ・カーテンファイアーシューターズ」 -History 2/3
アルバム:奉
ボーカル:めらみぽっぷ
サークル:凋叶棕
原曲:
幺樂団の歴史vol.5
テーマ・オブ・イースタンストーリー
| 凋叶棕 | COM(0) |
2015-06-15 (Mon) 17:39
喩え何者と相撃とうとも
共に立つと決めたならば
その思いを貫くこと
セイギノミカタのその姿


遥か高く目指して、やってくる影のあるならば
共に目指す「下克上」を、分かち合えばと願いはすれども
この理想の世界に、立ち向かうもののあるならば
それは強きもの達、我らをいつか虐げるもの達


力弱きものを、遍く照らす光
かくも遠き理想―“それ”を正義と呼ぶのだ


喩え何者と相撃とうとも
この手を取ると決めたなら
全てを倒す針となる
セイギノミカタがここにいる


―立てよ!

与するもの、一人としていない天邪鬼

…であるが故。孤独が為。
その手を差し伸べることを選んだのか。



 ―掲ぐ理想に、捧ぐ覚悟を。
 ―騙る理想に、捧ぐ覚悟を。



忘れられた歴史を、語る者がいたとして
それが果たして虚飾でも、それでもけしてかわらないものがある

力弱きものが、故に虚偽を固めた
紛い物の理想―“それ”でも正義と呼ぶのだ


喩えそれが偽りでも
心に望むものがいれば
五分の魂全て賭す
セイギノミカタは譲らない

喩え何者と相撃とうとも
共に立つと決めたならば
その思いを貫くこと
セイギノミカタのその姿

―立てよ!

与するもの、一人としていない小人の姫

…であるが故。孤独が為。
その手を共に携えるものを願ったか。


―立てよ!!

与すること、一時の異変で終わっても

…それでも良い。駒でもいい。
そうして繰り返す歴史に背を向けながら



輝針「セイギノミカタ」
アルバム:奉
ボーカル:めらみぽっぷ
サークル:凋叶棕
原曲:
東方輝針城 ~ Double Dealing Character.
輝く針の小人族 ~ Little Princess
| 凋叶棕 | COM(0) |
2015-06-12 (Fri) 17:22
叶う術のない欲望を
抱くその内より生まれる影    だが全ては か細き声
                誰もその耳を 傾けない
もし生まれたてのあれらを
受け入れるものがいたならば   だが彷徨い辿りつく先は
                定かならずに消えていく
哀れかな 何処へともつかずに
最後には 喰らわれ夜の闇に消ゆ 一縷の望みに 求めて加速する
                その声を 聞くものは――どこに。
生きて死ぬ定めにも
人の欲望果てしなく
何しも求めているのは      縋る 欲望の捌け先
甘き哲学の言          十の言葉で訴うるは
                願い聞き届け給えと
                我ら受け入れ給えと
たとえその体が滅びても
その魂は不滅だと
おおいなるものと一体なら
それら一つの価値 いかばかりか だがそれでも その欲望故
                誰もその思い 阻めはせず
そも叶わない願いなら
生まれることさえ過ちか     だが彷徨い辿りつく先に
                夢限の夢を見ていよう
惨めかな 何にもなれもせず
最期には 囚われ星の海に消ゆ  一縷の望みを 迎えてほくそ笑む
                その声を聞くものは――どこに。
死してなお生きる為
人の欲望 果てしなく
何しも求めているのは      縋る 欲望の捌け先
甘き哲学の言          十の言葉で訴うるは
                願い聞き届け給えと
                我ら受け入れ給えと
人の欲望を礎に
いつか神霊とて顕現せり
                死せる哲学の袂は
                かくて目覚めのときを今、迎えんとして――。



神霊「死せる哲学の袂」
アルバム:奉
ボーカル:Φ串Φ
サークル:凋叶棕
原曲:
東方神霊廟 ~ Ten Desires.
デザイアドライブ
小さな欲望の星空
| 凋叶棕 | COM(0) |
2015-06-11 (Thu) 23:06
規則性を帯びているのに
ふらりふらりと何故かかわされ
あらぬところへ私を動かそうとする

その動きを追うが余りに
つい起きる“事故”の数々に
この心は憤怒の色に染まっていくの

そうよ あと 少しのところで
その 色彩を変えないで

嗚呼――侭ならぬ思いのたけ!

ウルワシのベントラー

星の海を渡って
あんた達はどこからきて
どこへと飛んでいくの?

その影の先
私を宝の元へと連れて行って

目指すのは高く、宝船!

出掛けの空は快晴に。
向かうは雲の中へ。

その魅惑の影は

?未確認?素敵?物体?

春の湊に飛ぶ

その正体は――まだ誰も知らない。

誰よりもでかいなりのくせ
誰かが来ると逃げてしまって
そんな気弱なところはどうかと思うね

蒐めるのは私の仕事
その全てを持ってかれると
この心は哀愁の色で陰るんだ

そうだ あと 少しのところで
それを 持って行くなよな

嗚呼―侭ならぬ思いのたけ!

ウルワシのベントラー

星の海を渡って
おまえ達はどこからきて
どこへと飛んでいくんだ?

その数の程
私を更なる高みへ連れていけ

目指すのは高く、億万長者!

そうよ あと 少しといわずに
こんな 楽しいことはない

さあ――次の妖怪は何処にいる!

ウルワシのベントラー

星の海を渡って
あなた達はどこからきて
どこへと飛んでいくのです?

その影の先
義心溢るる妖怪退治

これこそが私にとっての、
U-F-O-ロマンス?!

ウルワシのベントラー

星の海を渡って
侭ならない思いの丈
ありのままぶつけたい!

この黒幕は
ただでは済まされまいぞ

いざ覚悟!その顔に塗るは、恐怖の色

紫雲の先に何が待つ
感情を剥き出しに、進め!



星蓮「ウルワシのベントラー」
アルバム:奉
ボーカル:めらみぽっぷ
サークル:凋叶棕
原曲:
東方星蓮船 ~ Undefined Fantastic Object.
春の湊に
| 凋叶棕 | COM(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。