-------- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2014-03-10 (Mon) 20:39
妄想に浸る 一人きりの部屋
無数の瞳が 蠢いて止まない

馬鹿みたいにぼくの愛し続けた
傀儡の主ももう消えたようだ
凧みたいに宙ぶらりんのままで
くるくるくる狂う世界に恋した
空の花瓶 捨てられた花束
色あせも枯れもせずにいるモンスター
あちこちを向き 風見鶏のよう
くるりくるり日傘は回っている

そうだ いつも置き去りなんだろう
そら やっぱり ぼくら似てるよ

二人 暗い闇 焦がれ 我を忘れるまで
溺れたままでいい どうか 夢なら覚めないでよ

ちょっときつい真っ赤なサディスティック
くるくるくる狂うまで踊ろうか
空の花瓶 消えていた花束
無数の瞳はただ蠢き続けた

死んだ部屋にラップ音が響いて
不意にぼくたちの世界は狂った
きみの色に染めていた世界を
きれいにきれいに 塗りつぶしていた

そうだ ぼくら何か違うや
ほら やっぱりきみが 嫌いだ

一人 深い闇 妄想に我を忘れただけ
深く沈んだら その先を見せてよ
人形にもなれずに 霞む視界 途切れ途切れ
きみは哀しそうに どうか夢ならもう覚めてと

ねえ



【東方】ALICETIC SADISTICを+3で歌ってみた【ごりら公園】
アルバム:サクラヴコミュニケイション
ボーカル:mineko
サークル:MN-logic24
原曲:
東方妖々夢 ~ Perfect Cherry Blossom.
人形裁判 ~ 人の形弄びし少女
スポンサーサイト
| MN-logic24 | COM(0) |
2014-03-10 (Mon) 20:34
君を枯らさないように 確かめながら呟いた
ずっとそばにいるよ つかい古した言葉が胸を突く

「ありがとう」「ごめんね」

繰り返すたび すれちがう
ねぇ、もう!

世界がまばたきをした その瞬間に風が春を帯びて
きっと全部 君と僕のふたりだけのストーリー
照らすための光なんだ 夜に沿って

「どこへゆくのかな」 「どこか遠い場所へ」
「花は咲いてるかな」 「さぁね、見においでよ」

そんな会話がいつの間に僕らを引き寄せた
何にも見えなくたって

今日から明日へと変わるたび
スキマ合わせに 咲く恋

未来を書き換えられた 1秒先の君が隣にいて
きっといつか 薄紅色に輝く月と沈んだ
夢の続き きかせて

世界がまばたきをした その瞬間に空が夜に落ちて
きっと全部 君と僕のふたりだけのストーリー
描くための設定集なんだ

手と手 触れ合いそうな 1ミリ先の君が頬を染めて
きっとずっと こんな距離のままでいられたら
それで繋がっていけるよ 寄り添って

誰かきこえるなら 張り裂けそうな想いを歌にして
とどけて



サクラヴコミュニケイション
アルバム:サクラヴコミュニケイション
ボーカル:mineko
サークル:MN-logic24
原曲:
東方妖々夢 ~ Perfect Cherry Blossom.
幽雅に咲かせ、墨染の桜 ~ Border of Life
ネクロファンタジア
| MN-logic24 | COM(0) |
2014-03-10 (Mon) 20:29
陽の光届かぬ 地下深くのさらに奥
花も風も星も 此処には無い
それが当たり前で 美しさも愛しさも
知るはず無かった あなたに会うまで

はじめからわかっていた 犯した過ちだけを
見えないふりしていた
この手を伸ばした瞬間 あなたに触れられそうで
気づいた時は遅すぎた

消せない色と匂い 私がみな奪った
嫉妬という仮面を免罪符のように貼り付け

「それ以上近づかないで」 妬ましいと 情けないと
光を見ることでさえも 諦めたんだ
白紙の未来と過去の罪 自分からは 動けなくて
どうせ傷つけるだけだと 総てから逃げたんだ

はじめこそ恐れ抱き 鬼と呼ばれ誇った
あなたを遠ざけていた
曲がらない勇気 それが 優しく強くあなたを
そこに在り続けさせた

紛い物弱き心 共に在る資格などない
なぜあなたと私はこんなにも違うのだろうか

「もう一度やり直せるなら」 もう届かない もう届かない
焼け付く痛み耐えられず 心を閉ざした
堕ちて尚も忌み嫌われ 己が罪と知りながらも
この力も瞳も姿も どうか見ないで

『彼の花 真に望むは 況んや どうか偽りのない
あなたの笑顔と共に在りたい 傍にいるから』

輝く星のように 駆け巡る風のように
愛しい声は深く 私に道標を灯した

あなたの言葉一つが 私の中に種を撒き
少しだけ光が恋しく なってしまった
細胞の一つ一つに 白緑のつぼみをつけ
少しだけ前に進もうと 私は咲いた

妬ましいほど真っ直ぐな あなたを待つ この地底で
苦しいだけじゃないことを 教えてくれた
いつか二人の躰が 動けなくなるその日まで
どんなに微かな光も受け止めるから



Lumière de courage
アルバム:サクラヴコミュニケイション
     Re:TMNC2
ボーカル:mineko
     yukina
サークル:MN-logic24
     TUMENECO
原曲:
東方地霊殿 ~ Subterranean Animism.
緑眼のジェラシー
華のさかづき大江山
| MN-logic24 | COM(0) |
2014-03-10 (Mon) 20:23
たとえば、寒い季節に咲くような花があって
冷たい土の中にも根を張る想いがあって
風に舞う花びらの届く先が決まってるの

今にも枯れそになる一秒と一秒の間に
どれだけ、あなたの事を想っていられるかな
優しく、笑顔のままに泣けたら

スタンド・バイ・ミー、この雪が溶けるまで続く足跡
いつか来る春が、一人分でも。

さよならは、いつだって 上手く言えそうにないな
寂しさは、隠せないな
もう少し、このままで いられたらいいのにな
ばかみたいだけどさ

スタンド・バイ・ミー、この雪が溶けるまで続く足跡
いつか来る春が、一人分でもさ
約束は、ひとつだけ。この風に乗って
あなたの胸に届きますように。



coldpray
アルバム:サクラヴコミュニケイション
ボーカル:mineko
サークル:MN-logic24
原曲:
東方紅魔郷 ~ the Embodiment of Scarlet Devil.
おてんば恋娘
東方妖々夢 ~ Perfect Cherry Blossom.
無何有の郷 ~ Deep Mountain
| MN-logic24 | COM(0) |
2014-03-10 (Mon) 20:20
「アイヲシラナイ」と謂う その少女の姿は
一輪の猛毒を束ねた花束だった

愛を忘れた、と頑なに心閉ざし花を愛でる少女の聲が
錆びついた薇を今、回して――始まる

「オシエテヨ、キカセテ、シリタイノ、アナタヲ」

花の名前を数えては歌にして甘美な夢を紡ぎ出す愛の詩

同じ月の下で手を取り踊る私たち 柔肌に絡めた陶磁の指
冷たい夜風 がらんどうの胸に沁み込んで
小さな胸の高鳴りを告げる

鈴蘭畑の恋心、風に揺らされて……

愛を少しずつ知り 思い出してゆく日々
流れる雲のように穏やかな熱病だった

禁断の果実の毒に爛れ膨らんだ傷の痕を
なぞった指を操る糸は心臓に根を張り続けた

「ユルヤカニ、シズカニ、スコシズツ、アナタヲ」

気付かれぬよう貴女の花畑に零した種子は不確かに蝕んで

甘い馨に躰が痺れては夢を視る 何処へも咲けない球根の夢
紺瑠璃の硝子玉に映る幽く紅い花
このままふたり想いに病むなら物語の幕を下ろそう

同じ月の下で手を取り踊る私たち これで最後だとふたり笑った

冷たい夜風 月夜の花畑 吹き抜けて
濡らした土にいつか芽吹くでしょう

鈴蘭畑の恋心、風に揺らされて……



夜空と人形
アルバム:サクラヴコミュニケイション
ボーカル:mineko
サークル:MN-logic24
原曲:
東方花映塚 ~ Phantasmagoria of Flower View.
今昔幻想郷 ~ Flower Land
ポイズンボディ ~ Forsaken Doll
| MN-logic24 | COM(0) |
2014-03-10 (Mon) 19:44
あぁ、切なさは
そう、こういうものよね
ねぇ、聞いてるの?
うーん、わからないかな

歪んだ月の下 対峙するその目は
白い月光浴びて 幼さは見えない
白黒をつけてく そんなつもりじゃない
追いかけてた背中 見つめるのはやめたの

あぁ、思い出は
そう、はかないよね
ねぇ、覚えてる?
うーん、わからないよね

歪んだ月の下 見つめ合うその目は
白い月光浴びて 寂しさの真相へ
紅白の衣装は 純血なる信仰
向かい合いその口元を手でふさいで

春 雪積もりて 夜は 明けぬままで

そぅ、昔のこと
ねぇ、覚えてるの?

歪んだ月の下 抱き寄せたその目は
白い月光浴びて 優しさの深層へ

「覚えているよずっと 記憶の中の月
 輝いていたよね この夜空のように」



under the brilliant moon
アルバム:サクラヴコミュニケイション
ボーカル:mineko
サークル:MN-logic24
原曲:
東方永夜抄 ~ Imperishable Night.
恋色マスタースパーク
少女綺想曲 ~ Dream Battle
| MN-logic24 | COM(0) |
2014-03-03 (Mon) 03:47
Ah 叶わない世界 閉じ込められたまま
更なる高みへ 羽ばたいて往く

見下ろしたら 吸い込まれそうで
何度も何度も 止まって
押さえつける 見えない力が
自由を奪って 笑っている

Ah 優しい音 聴こえた刹那に
無重力的な 解放
大空 連れて行ってくれる
時間に縛られたくないよ
抱き締めた 鼓動 翳して


隠し続け カサブタ重ねた
羽ばたこうとした 傷跡
針の音が 表情を変えた
秒針が急かす 終端

Ah 冷たい音 濁った水面に
乱暴に見える 介入
蒼穹 迎えに来てくれる
重りに潰されたくないよ
手放した 熱が 消える


Ah 叶わない世界 閉じ込められたまま
更なる高みへ 羽ばたいて往く


Ah こらえ続け 溢れた涙の
流れる先さえ 知らない
大空 連れて行ってくれる
時間に縛られたくないよ
抱き締めた 鼓動 そして

時が止まる 景色が過ぎ去る
あとは祈るだけ 「届け」と
蒼穹 迎えに来てくれる
重りに潰されたくないよ
手放した 熱が 消える


Ah 自由の鳥たち 果てしない世界で
羽を散らかして 逆さまに墜ちた



時ヲ翔ル羽音
アルバム:ADAMANT HEART
ボーカル:蒼-aoi-
サークル:Attrielectrock
原曲:
大空魔術 ~ Magical Astronomy
G Free
| 他A~M | COM(0) |
2014-03-03 (Mon) 03:46
俯き後ずさりする 小さな楽園の真ん中で
私は置いてけぼり 光に導かれ 貴方はまた遥かへ

注いで 満たして 零して
繰り返して 何度も 溢れ出していく

蘇るストーリー
書き写した過去
色褪せて 思い出と成り往く
廻り往くストーリー
創り出す未来
色重ね 渡り歩いて往く

飛べない鳥だとしても 青空を諦めはしない
私は確かに覚えている 生命の焔を

伸ばして 掴んで 離れて
空回り 何度も 崩れ落ちていく

風なびく 日記帳
瞼に浮かぶ空
歩き出す 雲の切れ端追って
風そよぐ 並木道
瞳に映す空
走り出す 君の面影追って

自分なりの答えで 立ち上がればいい
そのための寄る辺は そう、私と貴方

蘇るストーリー
書き写した過去
色褪せて 思い出と成り往く
廻り往くストーリー
創り出す未来
色重ね 渡り歩いて往く

息づく二人道
紡いで行く現在
繋いだ手 指まで絡めて
集まる カケラたち
取り戻す記憶
夕焼けが 心照らしていく

送り出すメモリーズ
たとえ離れても
私から 貴方に会いに往く



SILKY WIND
アルバム:ADAMANT HEART
ボーカル:坂上なち
サークル:Attrielectrock
原曲:
鳥船遺跡 ~ Trojan Green Asteroid
衛星トリフネ
| 他A~M | COM(0) |
2014-03-03 (Mon) 03:46
移ろう季節に人の心
移り消えては歪み漂う

嗚呼 短い時の中
何故に忙しく欲を貪るのか

新たに生み出せば<求める心は>
古きものは消え往き<前しか見えずに>

ありし日の涙は<歴史の片隅>
目先の戯れに崩れ去る

哀れむ言葉消えて
もう届かない想いを胸に抱いて
天地飛び越えて夢の彼方へ
仰ぎみる心求めて

明日の雲行き 空模様の
何を占い 何を求める

嗚呼 この世の万象を
統べる夢でも見ているのだろうか

神の姿求め<高みへと登り>
神を殺すのだろう<何も無くなって>

裁く者失い<全てを手に入れ>
行き着く荒れ果てた無の世界

救いの手を差し伸べ
喜び満ちた日は時の彼方へと
塵にも及ばない知恵を手にして
信じる心を捨て去り

力手にし 夢は果てて
何がわかる その先に

目に見えぬ全てを<信じた過去さえ>
忘れた人の世に何を見る

畏れる心無くし
この存在を否定するのならもう
天地覆す 神代の力
愚かなる者よ 消え去れ



Nemesis
アルバム:Heavenly Sequence
     霊水夢双
ボーカル:仲村芽衣子
サークル:Sound Online
     SYNC.ART'S
原曲:
東方風神録 ~ Mountain of Faith.
神さびた古戦場 ~ Suwa Foughten Field
| Sound Online | COM(0) |
2014-03-03 (Mon) 03:46
篭女や篭女
篭の中の娘よ
なぜなぜ踊る

月夜 踊り狂いし晩餐
ニセモノの母 篭を揺らす
今宵 茶番が終わる
ガラスの様に灰燼へ

篭女や篭女
篭の中の娘よ
母の心がわかって
なぜなぜ踊る
恐ろしいか娘よ
母の心がわかって

月が 欠けて満ちて生まれる
新月に今 罪が満ちて
月が 全てを食らう
ウロボロスさながらに

篭女と輝夜
罪と月は似ている
篭女と輝夜
罪と月は似ている
篭女や篭女
篭の中の娘よ
いついつ出やる
篭の中の子供よ
踊ろうよ踊ろう
おどろおどろしい手で
いついつ出やる
篭の中から

終わりと始め

対になって同じの
夜明けと晩と
ゼロとイチと月夜と
娘と母と

「後ろの正面だあれ?」

知らぬが仏
母の心よ

ドグマ
胸に抱えて生まれる
竹篭を裂き生れ落ちる

神楽
カボチャの牛車
子供のせつかまつる

月夜 踊り狂いし晩餐
ニセモノの母 篭を揺らす
今宵 茶番が終わる
ガラスの様に灰燼へ

篭女や篭女
篭の中の娘よ
いついつ出やる
篭の中の子供よ
踊ろうよ踊ろう
おどろおどろしい手で
いついつ出やる
篭の中から



ドグマ・カグラ~新月の後夜祭~
アルバム:うどんげPoPs~UdongePoPs~
     霊水夢双
ボーカル:遊女
サークル:MiuMyu
     SYNC.ART'S
原曲:
東方永夜抄 ~ Imperishable Night.
シンデレラケージ ~ Kagome-Kagome
| SYNC.ART'S | COM(0) |
2014-03-03 (Mon) 03:45
ここからどこへ歩こう
君の手を引いた 物語の中へと
ここからは一本道
進め戻るな 誰かの声がした

ねえ 二人だけの旅をしよう
空を見つめ 駆け抜けた世界
Deeper ページを潜っていこう
遥か深い場所へ さあ続け

君とどこまで向かえる
覚えてる もう誰もいないの
どこから いつからなのか
指がほどけたことさえ 気付かずに

ねえ 二人だけの旅をしよう
空を見つめて 願った世界
Deeper ページの奥へ進め
遥か失われた世界へと

Deeper 君と僕の旅路は
どこへ続いていくかも知らず
Deeper 二人きりで歩んで
遥か深い場所へ さあ続け

ねえ 二人だけは忘れないで
遥か失われたこの場所を
ねえ 君と僕だけでいいから
瞳逸らさず 前へと進もう



Adventures in The Box
アルバム:borderline
ボーカル:Atori
サークル:梶迫小道具店
原曲:
大空魔術 ~ Magical Astronomy
向こう側の月
| 他あ~ん | COM(0) |
2014-03-03 (Mon) 03:45
醒めぬユメだけを繰り返す
遥か忘れられた世界で

眠るきみに繋いだ手
ひとつ願いごと浮かべた
姿見えぬそら見上げても
なにも変わらないと知ってた

わすれないで そう

姿をなくして彼方に消えていく
スキマの影から笑ってる声に
こころ乱れ溶けてゆくけど
眠れなければ 落ちてく悪夢へ

冬の音だけが白く染め
春を待つ夜は数え切れず
ぽつり空浮かぶ巫女のこころ
虹の最後へと飛びさるだけ

醒めぬユメだけを繰り返す
ひとり置き去りの寂しさ
眠らずキミだけを見ていれば
いつか覚める日に向かえる



In Borderland
アルバム:borderline
ボーカル:Atori
サークル:梶迫小道具店
原曲:
東方靈異伝 ~ Highly Responsive to Prayers
永遠の巫女
| 他あ~ん | COM(0) |
2014-03-03 (Mon) 03:45
Ora, colorazione inizia
Rammentare il mondo

墨染色の空の青さは ただ虚しいばかりで
紅掛花薄めて 瑠璃色を混ぜて
そっと霞をかけて 紅碧にしましょう

赤白橡の蕾の彩も
退紅の花弁も愛おしいでしょう

紅柄色した私の裾も
素鼠色では引き難いでしょう

藍染茶の飾り紐をそっと引いて
二人指絡めるには寂しすぎるわ

鈍色した森の青さは ただ虚しいばかりで
若竹色で染めて 青丹を散らして
鶸萌黄を添えて 青々としましょう

黄橡の稲穂原も田畑の彩も
猩々緋染まる夕も愛おしいでしょう

赤々と燃える山の端も紺青の夜も
胡粉光る弓張月も愛おしいでしょう

紅柄色した私の裾も
素鼠色では引き難いでしょう

藍染茶の飾り紐をそっと引いて
二人指絡めるには寂しすぎるわ

さぁ岩を水に溶いて 筆を執りましょう
彩のない世界では寂しすぎるわ

紅柄色した私の裾も
素鼠色では引き難いでしょう

深縹の飾り紐をそっと引いて
二人指絡めあわせになる



四季再花
Colors Restoration
アルバム:四季再花
     borderline
ボーカル:Atori
サークル:梶迫小道具店×Lab*
原曲:
蓬莱人形 ~ Dolls in Pseudo
二色蓮花蝶 ~ Red and White
| 他あ~ん | COM(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。